正しい柔軟剤の使い方

約4人に1人が間違えていた柔軟剤の使い方!

※2015年度当社調べ、n=577

柔軟剤はすすぎの後に投入されることで
効果を発揮します。
洗剤と同じタイミングになると、
両者が混ざり合い打ち消しあってしまうのです。
洗濯機の種類や洗い方によって場所やタイミングが
異なりますので
注意して正しく使いましょう。

全自動洗濯機の場合

洗濯を始める前に、「柔軟剤自動投 
 入口にセット」

洗濯を始める前に柔軟剤自動投入口に柔軟剤をセットします。
最後のすすぎ時に柔軟剤が投入され、柔軟処理が行われます。

二槽式洗濯機の場合

すすぎの水が
きれいになったら「洗濯槽へ 
 セット」

すすぎの水がきれいになったら使用量の目安に従って柔軟剤を投入します。
(ためすすぎの場合は2回目以降に入れてください)柔軟剤を投入後に洗濯
機を2~3分まわします。

手洗いの場合

すすぎの後「もう一度 
洗い桶に水を
 汲んで」

すすぎが終わったら、もう1回洗い桶に水を汲みこんで、柔軟剤を商品裏⾯に記載
の使用量に従ってはかり取り、水に溶かします。約3分間洗濯物をひたします。

柔軟剤の使用量の目安とは

柔軟剤の使用量の目安

素材とニオイについての
こぼれ話

たとえばポリエステルやナイロンなどの化学繊維は、皮脂汚れに含まれる液状の汚れが付きやすいのが特徴ですが、反面、香りが残りやすい「素材」でもあります。ニオイの気になる衣類があったら素材に合わせて柔軟剤の使用量を調整してみてください。

赤ちゃんの衣料にも柔軟剤を使っていいの?

柔軟剤は衣料をやわらかくし繊維の表面をなめらかにするため、肌への刺激を和らげます。また、衣料に付着した柔軟剤の成分が肌を刺激することもありません。
赤ちゃんの肌はデリケートなので、柔軟剤で肌触りよく仕上げてあげましょう。※当社の柔軟剤はすべてお使いいただけます。

一日中、衣類の汗臭0(ゼロ)へ

ソフラン独自の「トリプル消臭テクノロジー」

ソフラン独自の「特許消臭技術」&「トリプル消臭テクノロジー」

特許消臭技術※「ナノ消臭成分」とは

※繊維製品に付着する臭気の消臭・防臭技術

ナノ消臭のメカニズム

POINT.1
繊維の奥には
見えない
ニオイの
元が潜んでいる!
POINT.2
ナノ消臭成分が
繊維の
奥まで
入り込む!
POINT.3
ニオイ成分を
取り込んで
無臭化!

こんなニオイを解決!

たくさん汗をかいた
運動着
汗ふくタオルや
1日履いた靴下
仕事終わりのシャツや
肌着

もっと知りたい方は

製品特長へ